メール配信サービスのデメリット

メール配信が多すぎると迷惑メールに認識される可能性

あまりにもメール配信が多すぎてしまうと迷惑メールだと認識されてしまい、正しく配信してもらえない可能性があります。メール配信サービスを利用する側とすれば、少しでも多くの情報を提供したいと考えています。しかし過度なメール配信は、逆効果になる恐れがあるために要注意です。このデメリットを発生させないようにするには、適度にメール配信をすることがポイントです。1週間に2回ほどを目安にメール配信を実施していけば、そこまで多くの配信数になりません。迷惑メールとして認識される可能性が低くなるので、多くの人に内容をチェックしてもらえるチャンスが発生します。ぐれぐれも多くの情報を提供したいからといって、メール配信数を極端に増やすのは厳禁です。

画像や動画が正しく表示されない恐れ

メール本文に対し、画像や動画を使うことにより、もっと多く情報を提供できるようになります。ただし画像や動画の制限を行っているメールクライアントもいるので、その場合は画像や動画で多くの情報を提供できません。安易に画像や動画を使ったメール配信をしてしまうとこのようなデメリットが発生してしまうので、注意です。メール配信で情報を提供する場合、画像や動画制限のことを考えてちゃんと文章を記載するのが重要です。もし画像や動画制限されていても文章を確認できるため、どんなメールなのかチェックすることが可能です。ただ文章があまりにも多くなった場合、メールを受け取った人が敬遠されやすくなるので上手く調整するのがポイントになります。